高齢者のうつ病

高齢化社会が進む近年、うつ病患者は年々増加傾向にみられるといえます。
うつ病は、精神的な病になり仕事を引退した高齢者には縁のないものだと考える人も少なくないでしょう。
しかし、うつ病は高齢者も発症するもので仕事を引退したからこそ精神的に病んでしまうものだと考えられます。
私たち人間は誰かに必要とされることでやりがいや生きがいを感じるものだといえるでしょう。
職種によっては、定年を迎えることで引退する必要があり、引退後は自宅でゆっくり過ごすことが出来るものです。
しかし、趣味が無い場合などやることがなく落ち着かない他にも誰にも必要とされていないと考えてしまう人もいます。
ネガティブ思考になることでうつ病を発症しやすくなるため、家族が気にかける必要があるといえるでしょう。

高齢者がうつ病になる原因は他にもあり、身近な人の死や子どもが独立するという点が挙げられます。
子どもが独立することで自由に過ごすことが出来ると考える高齢者もいますが、離れることで寂しく感じる人もいます。
誰でも悲しいと感じるものですが、孤独感が強くなってしまうことでうつ病を発症してしまう原因といえるでしょう。
うつ病にならないためにも趣味を見つける他にも、地域の人や友人と会話を楽しむことも大切といえます。
また、年齢を重ねるに連れて様々な病気を発症してしまうのですが、その病気もうつ病の原因となります。
身体が病んでいると精神的にも病みやすくなってしまうため、周囲でサポートすることが大切といえるでしょう。