うつ病の種類

うつ病は季節性うつ病や受験、産後など様々な種類があるため発症する原因は異なるといえるでしょう。
季節性うつ病は若い女性で秋から冬にかけて発症しやすいうつ病で、十分な睡眠をとっても眠い状態が続くなどの症状があります。
また、普段よりも急激に炭水化物や甘味を欲すること場合も季節性うつ病の可能性があると考えられます。
季節性うつ病は、春になると改善することが出来るので気づかない女性も多いといえるでしょう。
その他にも、受験生に多いうつ病は受験に対する周囲からのプレッシャーなどが原因で発症するものだといえます。
そのため、受験が終わった後は改善することも可能となっていますが大学生になると様々な悩みが出てくるため再発する可能性も高いといえるでしょう。

産後うつ病の場合、産後に発症するので気づきやすいのですが赤ちゃんが泣いている時にイライラしやすいものといえます。
産後はゆっくり休まる暇がなく十分な睡眠もとれないことが原因でイライラしやすいといえるでしょう。
また、十分な睡眠がとれない他にも旦那が育児や家事に協力的ではない場合も産後うつになりやすいと考えられます。
産後うつ病はすぐに発症するのではなく時間が経つに連れて、症状が現れてくるものです。
しかし、一年程で治るケースがほとんどですが中には治ることなく、うつ病にかかってしまうこともあります。
産後うつにならないためにも旦那や周囲にサポートしてもらうことが大切といえるでしょう。