男女で異なる

うつ病は、女性が発症するケースが多いのですが男性もうつ病を発症するものです。
しかし、男女によってうつ病になる原因は異なり、男性は仕事に関する原因によって発症する人が多いといえます。
上司からのプレッシャーや部下からの期待など職種や役職によって様々ですが、仕事はストレスが溜まりやすいものです。
そのため、仕事の疲労がうつ病を発症する最大の原因になると考えられるでしょう。
また、他にも異動や人間関係などがありますが経済面もうつ病の原因に挙げられます。
結婚して家庭を持っている男性の場合、家族を養わなければならないため経済面も気にしなくてはなりません。
そのため、経済面のプレッシャーもありうつ病にかかってしまう危険性があるといえます。

女性のうつ病を発症する大きな原因には妊娠や出産、生理などが挙げられます。
妊娠や出産、生理は女性ホルモンバランスの乱れがあり、出産後は不慣れな育児に追われる日々を過ごすことになります。
急な生活の変化によってもうつ病になってしまう原因だといえますが、その他にも身近な人の死などもあります。
男性よりも女性の方が身近な人の死に対して落ち込んでしまい、うつ病になりやすいといえるでしょう。
また、体調不良が原因で心身共に病んでしまい、うつ病となるケースも少なくないといえます。
うつ病は、男性と女性で原因は異なりますがどちらもうつ病が発症しやすいため十分に注意する必要があるといえるでしょう。